POST oauth/invalidate_token

登録されたアプリケーションが、そのクライアントの認証情報を提示することで発行されたOAuth access_tokenを取り消せるようにします。access_tokenが無効になってから、新しく作成すると別のアクセストークンが生成され、無効なトークンの使用は許可されなくなります。

リソースURL

https://api.twitter.com/1.1/oauth/invalidate_token

リソース情報

応答形式 JSON
認証の要否 あり - 無効にするアクセストークンを持つユーザーのコンテキスト
レート制限 あり

リクエストの例

    curl --request POST 
      --url 'https://api.twitter.com/1.1/oauth/invalidate_token.json' 
      --header 'authorization: OAuth oauth_consumer_key="CLIENT_KEY",
     oauth_nonce="AUTO_GENERATED_NONCE", oauth_signature="AUTO_GENERATED_SIGNATURE",
     oauth_signature_method="HMAC-SHA1", oauth_timestamp="AUTO_GENERATED_TIMESTAMP",
     oauth_token="ACCESS_TOKEN", oauth_version="1.0"'

応答の例

    HTTP/1.1 200 OK
    Content-Type: application/json; charset=utf-8
    Content-Length: 127
    ...

    {"access_token":"ACCESS_TOKEN"}

トークンが無効になった後のエラー応答の例

    HTTP/1.1 401 Authorization Required
    ...

    {"errors": [{
      "code": 89,
      "message": "Invalid or expired token."}
    ]}

Was this document helpful?

ありがとうございます

ご協力ありがとうございました。お役に立てて幸いです。

Thank you for the feedback. How could we improve this document?

Thank you for the feedback. Your comments will help us improve our documents in the future.