Twitter APIは膨大な量のデータを処理します。開発者の場合もユーザーの場合も同様に、このデータの安全性は認証によって確保されます。認証にはいくつかの方法がありますが、それぞれ以下に記載されています。

Twitterクライアントライブラリがすでにプロトコルを実装しているため、ほとんどの開発者は、認証の細かい作業を行う必要はありません。 サポートされるライブラリ >

 

認証方法

 

使用するタイミング

Twitter開発者プラットフォームで最も一般的に使用されている方法は、OAuth 1.0aとOAuth 2.0ベアラートークンです。エンドポイントに必要な認証方法の詳細については、APIリファレンスページでご確認ください。

OAuth 1.0aとOAuth 2.0ベアラートークンメソッドの間には、次のようないくつかの違いがあります。

 

ユースケース OAuth 1.0a OAuth 2.0ベアラートークン
ツイートを検索する
ユーザータイムラインを取得する
トレンドデータを取得する
ツイートを投稿、いいね、リツイートする  
ユーザーのメールアドレスを取得する  
広告主データを読み取る、書き込む  

 

必要なキーとトークン

コンシューマーAPIキー
+
アクセストークンとアクセストークンシークレット
ベアラートークン
レート制限 ユーザー(場合によってはTwitter開発者アプリ)ごとに区別 Twitter開発者アプリごとに区別

アプリのコンシューマーAPIキーとベアラートークン、および個人のアクセストークンとアクセストークンシークレットは、開発者ポータルTwitter開発者アプリのセクションから取得できます。 別のユーザーのアクセストークンを生成するには、3レッグ認証OAuthプロセスを使用する必要があります。

 

追加リソース

Was this document helpful?

ありがとうございます

ご協力ありがとうございました。お役に立てて幸いです。

Thank you for the feedback. How could we improve this document?

Thank you for the feedback. Your comments will help us improve our documents in the future.