タイムゾーン

タイムゾーン、アカウント、請求

日時の値は常にUTC時間で返されます(日時値の最後のZによって示されます)。 日時は、タイムゾーンの標準形式ISO 8601を使用すると、POSTやPUTコマンドで任意のタイムゾーンで指定できます。時間はISO-8601のサブセットを使用して表示されます。具体的には、日付形式のstrptime文字列は「%Y-%m-%dT%l:%M:%S%z」です。広告主のアカウントのタイムゾーンは、正式な請求額が確定される実際の時間を決定します。

アカウントレベルでAPIをクエリ(GET accounts)する場合、次のようなタイムゾーン情報が表示されます。

{
  "request": {
    "params": {
      "account_id": "18ce54d4x5t"
    }
  },
  "data": {
    "name": "API McTestface",
    "business_name": null,
    "timezone": "America/Los_Angeles",
    "timezone_switch_at": "2016-07-21T07:00:00Z",
    "id": "18ce54d4x5t",
    "created_at": "2016-07-21T22:42:09Z",
    "salt": "54cb7b5a34183f77d82dd6d0f4329691",
    "updated_at": "2017-09-09T06:42:14Z",
    "business_id": null,
    "approval_status": "ACCEPTED",
    "deleted": false
  }
}







これにはtimezone(概要についてはウィキペディアでタイムゾーンを確認してください)とtimezone_switch_atの2つのタイムゾーン値が含まれます。timezone_switch_atはUTCタイムゾーン(+00:00)で表示されますが、指定されるタイムゾーンの午前0時を常に示しています。

広告主のタイムゾーンはAPIを通じて編集することはできません。この属性は、Twitterの広告主アカウントマネージャーによって契約や請求のレベルで設定されます。

レポートを作成したり、アナリティクスエンドポイントをクエリしたりする場合は、アカウントが米国/ロサンゼルスのタイムゾーンから新しいローカル値に切り替えられる日にギャップが生じるため、timezone_switch_at値に気を付けてください。

タイムゾーンでの日時値の指定

日時値は常にUTC時間で返されます(日時値の最後にZによって示されます)。日時は、タイムゾーンの標準形式ISO 8601を使用すると、POSTやPUTコマンドで任意のタイムゾーンで指定できます。たとえば、2017-07-10T08:00:00-0800は許容できる入力値で、UTC値の2017-07-10T16:00:00Zに自動的に解釈されます。

DAYTOTALgranularityでアナリティクスエンドポイントを使用する場合、start_time値はアカウント保持者のローカルタイムゾーンで希望する日の午前0時に指定する必要があります。使用するタイムゾーンのオフセットは、問題の日のオフセットではなく当日のオフセットになります。たとえば、太平洋夏時間中の米国/ロサンゼルスの広告アカウントで、UTCオフセットは-0700になります。よって、アナリティクスリクエストで時間はstart_time=2017-05-21T07:00:00Zまたはstart_time=2017-05-21T00:00:00-0700と指定されます。オフセットが常に+09:00のアジア/東京に広告アカウントがある場合、値はstart_time=2017-05-20T15:00:00Zまたはstart_time=2017-05-21T00:00:00+0900と指定されます。

許容されるUTCオフセット形式

ISO 8601のタイムゾーンの指定」を参照してください。

サポートされる形式: Z、-HHMM、+HHMM、-HH:MM、+HH:MM、-HH、+HH

Was this document helpful?

ありがとうございます

ご協力ありがとうございました。お役に立てて幸いです。

Thank you for the feedback. How could we improve this document?

Thank you for the feedback. Your comments will help us improve our documents in the future.