はじめに

広告APIへのアクセス方法

  1. 開発者アカウントに登録する
  2. 開発者アプリを作成し、トークンを確保する
  3. 広告APIへのアクセスをリクエストする

注:  Twitter開発者プラットフォームを構築済みで、開発者アカウントを保有している場合は、手順3に進んでください。

手順1: 開発者アカウントに登録する

TwitterのAPI商品をリクエストするには、まず開発者アカウントに登録する必要があります。開発者ポータルで、プロジェクトと開発者アプリを作成します。作成すると、APIへのすべてのリクエストの認証に使用する資格情報のセットが提供されます。


手順2: アプリのキーとトークンを保存し、安全に保管する

開発者アプリ内にAPIキーセット(別名「コンシューマーキー」)が提供されます。Twitter個人アカウントの代理でリクエストを行うために使用できるアクセストークンセットと、OAuth 2.0ベアラートークンが必要なエンドポイントの認証に使用できるベアラートークンを生成することもできます。これらのキーとトークンは、再生成されないかぎりは期限が切れないため、環境変数を作成するか、安全なパスワードマネージャーを使用することをお勧めします。

また、アプリ詳細のURLで確認できるアプリIDをメモしておいてください。次のステップで広告APIへのアクセスをリクエストするのが簡単になります。

注: キーとトークンが開発者ポータルに表示されるのは1度のみです。そのため、認証情報は生成したらすぐにパスワード管理システムに保存するようにしてください。

キーとトークンをなくした場合や忘れた場合には再生成する必要があります。再生成すると新しいキーとトークンが作成され、古いものは無効になります。そのため、古い認証情報で構成した統合は更新する必要があります。2021年1月まで、アプリのキーとトークンは開発者ポータルから取得できます。

詳細は、当社の認証のベストプラクティスを参照してください。 

手順3: 広告APIへのアクセスを申請する

この段階では、Twitter APIへの基本的なアクセス権はありますが、Twitter広告APIの特定機能へのアクセス権はありません。そこで、アクセスをリクエストして承認を受ける必要があります。

アクセスレベル

まず、広告APIへの「制限付き」アクセス権が付与されます。最初は、アプリを使用できるTwitterユーザーは5人に制限されます。この時点でアプリは広告APIにリクエストを行うことができます。 広告APIで統合を開発する際、トークン制限の引き上げが必要になる場合があります。制限引き上げ方法については、アクセス制限引き上げのガイドを参照してください。

制限付き

企業は、この初歩的な制限付きライセンスで広告APIエンドポイントにアクセスし、ツールの開発を完成まで行うことができます。制限付きレベルのアクセス権を持つ開発者アプリのOAuthトークンは、最初は5つに制限されます。

アドバンスト

1段階レベルアップしたアドバンストアクセス権は、コンセプトをライブのパイロットキャンペーンで実証した開発者に付与されます。開発者アプリでのOAuthトークン制限は撤廃されるため、ビジネス規模を拡大できます。

最初のリクエストを行う

GET accountsエンドポイントにリクエストを実行して、広告APIへのアクセスをテストします。このエンドポイントは、現在ユーザーアクセスが許可されている広告アカウントを返します。後続のAPIリクエストでは、このリクエストの広告アカウントIDを使用して、特定の広告アカウントへのデータの読み書きを実行します。コマンドラインでTwurlを使用すると、リクエストは次のようになります。

リクエストの例

      twurl -H ads-api.twitter.com "/10/accounts"
    

応答の例

      {
  "request": {
    "params": {}
  },
  "data": {
    "name": "Furni",
    "business_name": null,
    "timezone": "America/Los_Angeles",
    "timezone_switch_at": "2016-04-06T07:00:00Z",
    "id": "18ce54ayf0z",
    "created_at": "2016-04-07T14:40:15Z",
    "salt": "b88939e5cabbca720159cb3659d73c06",
    "updated_at": "2017-02-08T08:49:53Z",
    "business_id": null,
    "approval_status": "ACCEPTED",
    "deleted": false
  }
}
    

 

次のステップ . . .